パパ活が成功例とそのパターン3選|サポがなくてもいいくらいだと成功しやすい

【パパ活アプリおすすめ】安全な条件で比較して使える

パパ活が成功例とそのパターン3選|サポがなくてもいいくらいだと成功しやすい

「東京都品川区 31歳 会社員 女性 S.N」

 

私がパパ活を始めたのは4年前です。始めた当初は単純にOLのお小遣い稼ぎという副業感覚で、高級レストランに連れてってもらったり、時々は数万円程度のお小遣いをもらう生活をしていました。

 

毎月の収入にプラスアルファで臨時収入が入るプチバイトですね。少しのぜいたくはしたかったけど…そこまでお金に執着することもなかったし、もらうお金が増えるにつれてパパとの関係も深くなるのが若干面倒で、適度に楽して稼ぐバイトというイメージでした。

 

パパ活生活も慣れてきたころ、より楽にスマートな稼ぎ方ができる方法が自然と見えてきました。パパになる人に共通する職業や癖などが徐々に見えてきたからです。

 

手軽な高級バイトであったパパ活も、しっかりと分析して上手に付き合えるようになると…単純なバイトなんかではなく人生に大きな転機を与えてくれる絶好のチャンスにもなることを、身をもって体験しました。

 

出会い系サイトで見つけたパパは、私に大きな支援をしてくれたものです。今パパ活をしている人、これからパパ活をしようとしている人は私の体験談を参考にしてみてください。気軽なバイトでも十分活用できる内容です。

 

せっかくであれば目の前にくるチャンスをがっつりと掴みとれるような賢い女性になりましょう!

 

パパになってくれる男性の共通点

女性の支援をすることが目的のパパ。支援してくれる人を探すパパ活。双方の目的が一致してはじめて成立する関係ですが、パパを探している人のほとんどが「金銭的支援」を目的にしています。

 

その一方で支援するパパ側は、「女性と一緒に食事がしたい」「一緒に飲んでくれる女性がほしい」「割り切った肉体関係がほしい」など、支援する見返り要望は様々でした。

 

そんなパパになる男性にはいくつかの共通点があります。職業は主に職業はIT社長・営業・中年おじさん

 

お小遣いとして女性に1万円から数万円をだせる男性がパパになれる条件をクリアしているといえるでしょう。

 

収入は600万円以上が相場ですが、家族構成によって使える金額にも差があり、一概に年収だけで「当たりはずれ」を見極めるのは難しいところです。

 

お金に余裕があってナルシスト気味

結論としてはこれにつきますね。どんなに紳士なパパでも、どんなに優しいパパでも、慈善事業としてパパ活をする人はいません。そんな気持ちを持っているのであれば、最初からボランティア活動に力を入れているはず。

 

パパ活をする時点で多少なりとも下心はあります。第一印象は「すごくダンディで礼儀正しい真面目な人」と思っていたパパ、食後のドライブでいきなりキスしてそのまま求めてきたこともありました。

 

パパになる多くの人は自分からの支援を喜んでもらえるという自信も持っています。お金があって自分が好きなナルシストタイプが、パパになる人の最大の共通点と言えるでしょう。

 

股間に脳みそがついている感じの自慢好きな男

最初から下ネタを飛ばしてくるパパも多かったですね。最初の出会いでも…「隙あらば体に触りたい、このままホテルに直行したい、お金はあるから!」と言わんばかりの会話から始まる人も少なくありません。

 

仕事や収入、持っているものに関する自慢話か下ネタか、この2つの話題しかないタイプも多いのですが…セックスを受け入れられるとしたら、この手のパパは扱いが楽です。

 

自慢話に多少オーバーな相槌を打っていたら、心地よくなる生き物なので、それだけでも多めのお小遣いが期待できます。

 

セックスありきであれば、相当な収入も期待できます

 

バブル時代にブイブイ言わせてた過去の栄光男

バブル時代は転んでもお金を拾うというくらいに、お金が出回っていたようです。パパ活をすると、バブル時代にずいぶんと良い思いをしてきた50代~世代にあたることも多く、過去の栄光話を何度も聞かされます。

 

「今さら昔の話…」と思いますが、右から左に聞き流すようにしながらも、笑顔で相槌をしていたら、それでOKでした。バブル期の影響を引きずっているせいか気前も良く、簡単といえば簡単でしたね。

 

スマートなパパを見つけた私の手法

私は最初の食事でスマートにお金を出してくれる太パパを見極めることに要点を置いたパパ活で成功しました。

 

食事の支払いやお小遣いなどお金に関する話をこちらから要求したり、お願いするような体制ではなく、こちら側が不安になる前に、パパから先にお金を出してくれるかどうか…が見極めのポイントです。

 

出し渋ったり、じらすような出し方をするパパはアウトでしょう。最初にそれをやる人は、せこくて器の狭い証拠です。

 

お金は持っていても、使い方が下手なタイプです。気持ち良い付き合いができない人が多いので、このタイプは早めに見切りをつけ、さっさと次のパパを探しましょう。

 

私自身がスキルを持って都合の良い飲み会要因になる

パパたちのプライベートを癒すことで、支援を受けることをメインとするパパ活ですが、ビジネスに通用するスキルがある女性は、ビジネスサポーターとしても求められることがあります。

 

お金を持っているIT社長・営業・中年おじさんは、常に仕事に埋もれているような生活なので、プライベートだけではなくビジネスサポートまでしてくれる女性は、手放せなくなります。

 

本来のパパ活とは違うなと思ったけど、パパとの信頼関係を深めるために、頼まれるがままスキルを持って、都合の良い飲み会要因になったことがあります。

 

結果的にパパからの評価とお小遣い、そして自分のスキルアップまで出来てしまいました!

 

通訳ができるので海外出張の付き添いに呼ばれる

仕事ができる人間ほど、仕事とプライベートを効率よくこなしていきたい願望が強く、多くの権力者たちは実際に、仕事とプライベートをまとめている傾向が見られます。愛人兼秘書というような形式を取ると、一石二鳥ですからね。

 

そのおかげで、英語スキルがある私は、パパの海外出張に通訳として連れてってもらえる機会が増えました。

 

仕事は1日数時間程度、あとはパパと海外旅行しているような仕事半分、遊び半分のような贅沢な働き方と言えます。パパ活をしてなかったら、こんなチャンスは私にはこなかったでしょう

 

英語ができるので外国人との高級会食でも呼ばれる

現代社会において英語が話せることは、ビジネスとして大きな武器になります。

 

私は少しかじった程度の英語スキルしかなかったのですが、パパ活を始めて社会の中枢として活躍しているパパたちの姿を見て…「英語はより私を支える武器になる」ことを察知し、時間の合間を縫って通訳ができるまでの英語スキルを身に着けました。

 

そのおかげで今ではパパたちから「プライベートをサポートしてあげている女性」というだけではなく「ビジネスのサポートをしてくれる女性」としても重宝されるように…。

 

外国の人を招待する食事会は、気合の入っている超高級食事会です。

 

おいしい食事をしながら仕事ができる環境も手に入れました!通訳ができるという武器をパパたちに買われ、仕事もプライベートも収入も…昔では想像もできないくらいに潤った生活に…。

 

パパたちが求めるビジネスサポートは何も英語だけではありません。人によって職業によって状況によって必要とするスキルは異なってきます。

 

その需要がある要望を察知し、身に着けてしまう努力をすることは…お小遣いアップのためだけの単純なパパ活の延長線ではなく、自分の人生のスキルやステータスそのものをアップさせるような、大きなきっかけになるとも言えるでしょう!

 

PCMAX

お金持ちの思想を理解して

↓↓↓↓↓

公式サイト