パパ活の手当て一万円の都度パパ その相場と生活する底辺女子のやりくりスキルとは

【パパ活アプリおすすめ】安全な条件で比較して使える

一万円の都度パパで生活する底辺女子のやりくりスキル

「広島県広島市 25歳 会社員 女性 S.S」

 

1万円しかくれないパパとのパパ活生活

東京では、パパ活は3万円や5万円などが相場と聞きます。中にはまとめて何十万円も渡すという話も聞きます。私もパパ活をしています。でも地方なので、それほど高額ではありません。残念ながら1万円というパパが多いです。

 

でもそんな私ですが、どうにかやりくりをして、結構満足した生活を送っています。ここでは私のやりくりパパ活をお話しします。案外私のような女性は多いと思います。これからパパ活をしたい女性の見本になればと思います。

金額が少ないけど数いれば問題なし

パパ活で3万円ももらっているという話を聞いた時には、とてもびっくりしました。友達にパパ活の話をしたら、いろいろと教えてくれました。しかしなんかリアルだったので、つっこんでみたら、その友達も経験があると言っていました。でも今はもう、パパ活はやめたそうです。

 

確かにち彼女もちょっと羽振りがいい時期もありました。教えてもらってから、私も始めてみることにしました。確かに友達の言う通り、私の住む地域ではせいぜい1万円が相場みたいです。初めてメッセージがきたとき、つい交渉してみました。

 

「もう少し上げることできますか。」

 

「うーん。」

 

「お願いします。」それっきり返事来ませんでした。それ以来とりあえず、1万円を最低ラインにして、顔合わせから始めています。2回目以降の金額の交渉は、顔合わせしてからやるようにしました。

 

でも、顔合わせでだけでもお金はもらえることもあり、パパも3人ほどできたら、月にそれぞれ何回かはあってくれたので、結構助かりました。顔合わせや本当に契約したパパと会う数を増やしたら、なんとかなるんだなという気持ちになりました。

 

お手当が少ないからパパの入れ替えも多い

お手当ては大都会と比べると、お手当は少ないものがあり、実は何回か会ったら連絡がとれなくなるということもあります。

 

しばらくないなと思ってメールをしたら、ブロックされていたなんてこともありました。ショックではありますが、また探さなきゃと思って頑張ります。

 

また募集からやりなおしという感じです。せっかく募集して会えても、「ホテル行こうよ。」

 

「それはダメです。」

 

「お願い。お金サービスするから。」

 

「生理なんですよぉごめんなさい。また今度。」

 

「必ずだよ。」

 

こんなパパとはもう会っていません。ブロックです。恐くて何されるかわからないです。こんなこともあったりと、思ったよりも入れ替えは多いです。しかもみんな1万円から2万円なので、ちょっと大変です。

 

もし高額なパパだったら我慢して良いのかな…とも考えましたが、少ないので嫌なパパは自分から入れ替えています

 

パパもお手当ては少ないので、乗り換えがしやすいみたいです。新しいパパができても、長くなるとは期待しないようにしています。

 

1日で3人~4人の会食に呼ばれることもある

そんなパパとのデートは、やっぱり週末が多いです。金曜の夜だと、2人から3人ほど会うときもあります。また土日は、お昼から夜まで3~4人ほど会うときもあります。

 

私は昼間も会えるときには会っています。そのため、他の人よりも1日に会う人数は、多いかもしれません。

 

1時間~2時間にして、それを過ぎるようなときは、少し気分が悪くなったからであったり、翌日用事があるからなどと言ったりして切り上げています。次のパパさんのところまで、車や電車で急いでいくという感じです。

 

なるべくは、車や電車ですぐ行けるようにして、パパ同士を会わせないようにはしています。もちろん、他のパパがいることは内緒にしています。

 

以前、ついぽろっと話したら、それから焼きもちを焼かれたり、不機嫌になることもあって、それ以来は隠すようにしました。

 

次のパパの約束というと、不機嫌になったり、セックスしてるのかなどと攻められることもあって、かなり大変でした。複数人の会食がある時には、さっと切り上げるように気を付けたり、隠すようにしています。

 

結局稼げているのは月40万円ほど

私の場合、月に稼げているのは平均すると40万円くらいです。

 

もちろん週末に複数の会食があって、平日の夜にもパパと会えたらこれくらいになります。祝日もあると、その日に予定が入ってくるので、どうにかこのくらいの金額になります。

 

たまに時間を伸ばしてくれるパパがいます。しっかりと延長料金も取っています。案外誕生日の前後などに長くしてくれる方が多いです。私もちょっとしたプレゼントを渡したりします。お金かけてしまうと、赤字になっちゃいます。

 

パパもわかってくれてて、逆に高額にしたら遠慮され、気まずくなってしまいました。安いものや食べ物、実用品がおすすめです。

 

逆にパパからのプレゼントもちょくちょくあります。でも、身に付けるものは困ります。他のパパの前につけていくと怪しまれたことがあります。

 

パパによっては、もらったものも買取りに出しています。あまり、使かっているなどと聞く人はいません。大切なプレゼントなので、出来るだけ貰うようにはしています。

 

「ちょうどほしかったんだぁ。ありがとうございます。」などが無難な喜び方のような気がします。

 

喜んだり、楽しい気持ちを素直に出していたら、パパの会う回数も増えてきました。毎週会ってくれる方もいるので、結構安定しています。

 

食事はパパが出してくれるのでなかなかいい暮らし

プレゼントやお金はもちろんですが、私にとってありがたいのは食事です。一人暮らしをしていますが、本業の給料はそれほど高くありません。

 

家賃や支払いをすると、結構大変です。食事もパパ活をするまでは、なんとか安い食材を探して自炊をしていました。

 

しかし金欠になってくると、ラーメンやおにぎりなどと、質素なものばかり食べています。お昼は外に出て、何も食べないで時間をつぶすこともしばしばです。

 

でも今では、毎日ではありませんが、パパが食事をおごってくれるので、結構いい暮らしかなと思っています。

 

パパが私の好みを聞いて、それにあったお店に連れていってくれます。自分の好きなものなのでラッキーです。でも、毎回それをさせちゃうとパパも大変です。最初はついつい甘えてやっていましたが、そのうち連絡が途切れたパパもいました。

 

たぶん食事のセッティングが面倒くさくなったからかと思います。なので、今はパパの食べたいもの任せるスタンスを取っています。

 

でも食べられないものは、しっかりと伝えています。そうしないとせっかくお店に入っても、残すだけになってしまうので、そのへんは気を付けるようにしています。

 

ランチ会食と夜の会食があるので割は良い

休みの日にランチと夜で会食があると、とても助かります。食費がほぼまるごと浮いちゃいます。昼と夜に1人ずつの場合、しっかりと食べるようにしています。

 

食べる女性がパパは好きみたいです。私もなのですが、食べているとやっぱりパパも楽しくなるみたいです。

 

でも、お昼も夜も複数の予定が入ったときには、コース料理などではなくて、自分で選べるものや最初はカフェなどで軽く済ませるようにして、あとからの会食に備えています。

 

昼と夜はありがたいのですが、女性だけにそんなには食べきれません。それなりに工夫も必要です。

 

自由な時間が多いので案外勝ち組かも

だいたいパパと会える時間も決まっています。大抵は週に3日ほどパパ活をして、あとは仕事が終わったら自由です。周りよりは、お金には困らなくなりました

 

かといって、派手にすると職場やパパによっては怪しまれるので、パパ活を始めてからも車の他には高価なものは買わないようにしています。

 

お金は支払いや親のために使っている感じで、貯めるようにしています。パパ活のおかげで生活も楽になりました。自由な時間もあるので案外、同世代の中では勝ち組かなとも思います。

 

ハッピーメール

パパに学ぶビジネスの基本

↓↓↓↓↓

公式サイト